子供の成長とともにかかってくる教育費

子供が小さいうちはそれほどお金のかからない生活をおくることができます。
しかし、小学生、中学生ぐらいになれば、家庭によって状況は違うものの習い事をはじめるようになりますし、さらには塾に通う子供も多くなります。
中学受験や高校受験ともなれば、毎月の塾へ支払う費用だけでなく、合宿等も行われるようになるため、月々の費用とは別にお金がかかります。
どのタイミングで受験するのかにもよりますが、子供が成長していけばどこかのタイミングで纏まったお金が必要になるでしょうから、子供が小さいうちに教育費をできるだけ貯めておきましょう。
子供が大学までを目指す場合は、大学卒業するまでは一般家庭の収入では、なかなかお金を貯めることは難しいです。
ですから、親の老後のための貯蓄は子供が大学を卒業したあたりからになるでしょう。
教育ローン等を利用すればお金を借りることはできますが、借りるということは利息をつけて返すことになりますから、できるだけ借りずに教育費を事前に貯めておくのが賢いです。


sub置換

Copyright© 教育 All Rights Reserved.