年齢に関係なく勉強ができる仕組み

小学校は、翌年の3月31日までに7歳になる子が入学します。
それぞれの年齢で学年が決まっていて、学校ではその学年の勉強しかしません。
1年生なら1年生の勉強しかしないので、2年生や3年生、それ以上の勉強に興味があっても受けられません。
逆に3年生の授業が難しすぎても3年生は3年生の授業しか受けられません。
それぞれの子供には能力があり、少しずつ異なります。
一応平均的になるように授業は行われますが、必ずしも子供に合った教育が行われているとは限りません。
より子供に勉強させたいなら、年齢や学年に関係なく勉強ができる仕組みを採用している教育サービスを利用すると良いかもしれません。
ある学習教室では、学年に関係なくその子の能力に合わせた教材が渡されます。
小学2年生だから2年の教材が渡されるのではなく、3年生や4年生の教材を使っている子もいます。
逆に、3年生でも理解度が遅れている子には2年生や1年生の教材を渡して基礎から学べるようにしてくれています。


sub置換

Copyright© 教育 All Rights Reserved.