若者の活字離れと日本語教育に関して

若者の活字離れが指摘されていますが、それによって表現力や語彙力が落ちているのは確かです。
何を食べても美味しいではなくヤバイでは、伝わる感情も伝わらないと言われています。
スマートフォンに夢中になっている現状を変えることが、日本人としてワンランク上に行くコツと言えるのではないでしょうか。
もちろん、教育の現場においても意識改革が求められています。
とりわけ国語に関しては、教員の指導力が必要不可欠ではないでしょうか。
なるべくたくさんの本を読ませて、なおかつ書く力を育むことが大切ではないでしょうか。
英語教育はそれからでも構いませんし、ちゃんとした日本語を使えて始めて英語の重要性が理解出来るのではないでしょうか。
日本語の表現力は世界一だと言われていますし、後世に残す努力をしなければなりません。
人口減少も進んでいますが、日本の伝統を守ることが大切です。
教員の質も向上させることが鍵ですし、待ったなしと言えます。


sub置換

Copyright© 教育 All Rights Reserved.